Brazil 2002

ロルフィングの最終トレーニングのために、
ブラジルに行ったのは…、

当時、東京では、ボサノヴァ・ギター教室に通っていて、
ブラジル音楽が好きだったから。

それから、ボルダーのトレーニングでの面接で
「ブラジルはあなたを癒すでしょう」と、
インストラクターから言われたから。

ブラジルへ行く前には、テキサス州のダラスで、
解剖実習に参加し、

ベネズエラのギアナ高地を旅して
バスで国境を越え、
アマゾンのマナウスへ…

ブラジルに入ると、
感じが変わって
お祭りみたいで、やわらかな空気に包まれたのが
印象に残っています。

トレーニングが行われたのは、
フロリアーノポリスという
リオよりさらに南にある島でした。

そこに日本、イギリス、ドイツ、スペイン、
カナダ、アメリカ、南アフリカから12人の生徒が集まり、
数人の教師たちとともに、
約3ヵ月間を過ごしました




通学路


教室(普段は合気道の道場)


かけ回る場所はたくさんあります


Our beach, Pantano de Sul
ここを毎日裸足で歩きました。


卒業の日


お別れパーティー




〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜

リオ・デ・ジャネイロ


Vinicius de Moraes通り
美しいボサノヴァの詩をいっぱい書いた人
前には、レストラン「Garota de Ipanema」がある


イパネマ海岸の日曜日


名物の路面電車


町を見下ろすキリスト
コルコバードの丘


〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜

アマゾン(マナウス)


川下りの旅は何日もかかります


森の中まで水浸し(イグァポ)


川は道でもあり
家の前にはピラニアも、アリゲーターもいます
ここで洗濯も、水浴びもします



毎日が夏休みみたい


夜明け前に、カヌーに乗って…、
アマゾンは鏡のようにおだやか



〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜


遠いですが
またいつか行きたい場所です。